Holy Grail Cosme

コラム

【肌荒れ】花粉症と皮膚炎の関係性と対策【アレルギー】

  花粉症と皮膚炎などの肌荒れは、どちらもアレルギーと関係しています。 医学的には花粉皮膚炎と呼ばれており、中でも多くの女性が悩んでいる症状で、メイクの良し悪しにも影響するので、決して無視することのできない悩みですよね。 花粉症で肌荒れって・・・ 花粉症はくしゃみや鼻水に加えて、目の痒みやイライラ感などが特徴ですが、実は症状はこれらに収まらず、更に皮膚症状を引き起こす可能性を秘めています。 皮膚の炎症、肌荒れは症状は人によって異なるので、花粉が原因だとしても、目や鼻といった定番に限られることがありますが、これは主に摩擦によるものですよね。皮膚炎は頻繁に鼻をかんだり、涙を指やハンカチなどで拭うことで発生します。 肌荒れは摩耗によるところが大きいので、ティッシュを使い過ぎると症状が発生しやすい傾向です。 一方ではアレルギーの直接的な影響によって、肌の露出している部分に赤みや痒みが生じます。 顔や首だけでなく、手の甲や腕などにも生じるこれらの症状が、花粉症による肌荒れを見極める為のポイントです。 悪化すると粉を吹くこともあるので、爪で掻いて粉が出るようなら花粉症由来の皮膚炎が疑われます。これらの症状が出る季節は、空気が乾燥がちで肌荒れを起こしタイミングです。風に乗って花粉が飛ぶ一方で、風があたると肌の乾燥が進む、この季節には風に共通する共通点があります。肌は乾燥するとキメが粗くなり、隙間が増えて花粉が入り込みやすくなります。 入り込んだ花粉は体の外から皮膚炎を起こし、痒みを覚えて掻くことを繰り返すことで、悪循環や悪化するというのがメカニズムです。 対策は肌の乾燥予防と角質を剥がさないこと! 掻くことがエスカレートすると、赤みは更に増して強くなり、肌質はザラザラとして悪くなります。黒ずみが発生したりツヤが失われますから、痒みが生じても安易に掻かないことが大切です。 花粉症の原因物質の他には、海を越えて黄砂などが次々と飛んできます。黄砂は皮膚を酸化させる物質で、アレルギー症状を引き起こしたり老化を促進します。花粉と相まって肌荒れを悪化させますから、露出を減らして対策する必要があります。体の負担となる物質は体力を奪うので、栄養補給や十分な休息が不可欠です。特にビタミン不足は肌のターンオーバーを乱れさせ、肌質の低下を引き起こします。ただでさえ細胞の修復に栄養を使いますから、不足は容易に起こりやすく油断大敵です。 症状に悩む人は全国の3割に上っており、増加傾向にあることが認められています。自覚症状は個人差があるものの、誰でも少なからず痒みを覚えて掻いてしまう場合があります。花粉症を自覚したら皮膚炎にも注目して、肌荒れを起こしていないかチェックを行いましょう。 まとめ 対策方法としては、保湿に重点を置いた敏感肌向けのスキンケアが有効です。ムズ痒さが無意識な掻き毟りを引き起こすので、皮膚が受ける刺激を軽減するのは合理的です。角質が剥がれてガサガサの状態にしないことが重要です。 また皮膚科で処方される塗り薬も有用で、組み合わせれば相乗効果に期待できますが、まずはキチンと保湿からお試しすることをおススメします。 止まらない鼻水に皮膚の痒みは二重苦ですが、共通点や原因が分かれば、上手く対処することができるようになります。 適切な対策でこのツライ時期を乗り切りましょう!  

手作り化粧水の注意点と危険性

化粧水を手作りで作られている方もいらっしゃると思いますので、注意点や危険性を書いてみたいと思います。 防腐剤を入れていないことによる腐る危険性 化粧水を手作りする際に、グリセリンや精製水などを混ぜてつくられているかと思います。そもそも市販の化粧水には防腐剤が入っており、3年は維持できるように作られております。そこがまず市販品と手作りの大きな違いとも言えるでしょう。 通常、水は3年も置いていますと腐ってしまいますよね?なので手作りされた化粧水は必ず冷蔵保存で早めに使う必要があります。手軽に持ち歩くのには少し不便ですが、神経質でマメな方であれば、問題ないかと思います。 水と油の乳化(混ぜ合わせ)の問題 ご存知かと思いますが、水と油を混ぜるのは大変困難です。なので通常市販の化粧品では界面活性剤というものを使っています。界面活性剤にも沢山種類があり、さまざまな役割をするのですが、この界面活性剤が水と油をうまく混ぜてくれるのです。 なので、手作り化粧水などの場合は、水の中にアロマなどを入れる方もいるかとおもいますが、分離したまま使っているのではないでしょうか?なのでよく振ると少しはマシになるかと思います。 メーカーの目線から見ての手作り化粧水 「化粧水なんて90%水でしょ」という事を言われることもありますが、それは「きゅうりは90%水」「人間は70%水」と同じで、その残りの数十%が大事だと思いませんでしょうか? 人間なんてその残りの30%で動き・考え・人生を生きるわけです。 化粧品も同じで、その残りの数十%で腐らせず、骨格を維持し、少しでも効果があるように作らなければいけません。 例えるなら、歌はみなさん歌えますが、やはりプロとは違うと思いませんでしょうか? 料理もみなさんレシピがあればできると思いますが、微妙な調合や火加減でその質が大幅に変わると思いませんでしょうか? 最後に、私は手作り化粧品のリスクを総合的に考えると、防腐剤や界面活性剤が入っていても市販品の方が安全かと思います。市販品でも、なかなか合うものを探すのが難しい基礎化粧品ですが、きっと合うものはあると思います。 それでも手作りされるのが趣味という方は、パッチテストをした上で保管方法に十分にお気をつけください。 みなさんに安全にお使いいただきたいという思いで書かせていただきましたので、少しでもご参考になれば幸いです。

【紫外線】シミの原因と改善方法【ターンオーバー】

シミの主な原因 年齢を重ねるにつれてできやすくなるシミですが、こちらは皮膚が紫外線を受けることが主な原因となります。 紫外線を浴びてしまうと肌の防御作用でメラニンが多く作られてしまい、こちらが蓄積して黒や茶色に見えてしまいます。また、ニキビ跡を放置してしまったり、ホルモンバランスの乱れによってもシミが出来てしまう場合があります。 若いうちは、肌のターンオーバーが活発なためメラニンの排出する力が強く、シミになってしまうことも少ないですが、年齢を重ねてしまうと肌のターンオーバーが少なくなってしまうため、若い頃よりもシミが出来やすくなってしまうのです。比較的若い年齢の方でもターンオーバーが乱れてしまうような不規則な生活を送ってしまったり、過度のストレスを受けることでも出来やすくなってしまいます。 シミの予防・改善方法 これ以上シミをできないようにするには、まず紫外線を防ぐために紫外線対策をしっかりと行うことを心がけていきます。すでにシミが出来てしまっている場合は、なかなか消すことはできませんが、ターンオーバーを活発にさせることで改善させることが可能です。 予防のエイジングケアでは、紫外線予防として、日焼け止めは必需品であり、日焼け止めを塗る前のひと手間が大事になってきます。 日焼け止めには紫外線吸収剤などが含まれており、肌にはあまり良くないと言われております。乾燥したお肌にそのまま付けてしまうと、かぶれやニキビの原因にもなりかねませんので、しっかりと保湿をしてください。そして、帰宅されましたら、必ず日焼け止めをしっかりと落とす事が重要です。日焼け止めを落とし、再度しっかり保湿してください。絶対に蓄積したまま放置しないようにしましょう。 肌や髪には血液の循環と深い関りがあるのですが、表面だけを気にするのではなく、肝臓や腎臓、そしてリンパケアも同時に行ってください。耳の裏あたりから顎にかけて、マッサージする癖をつけておきましょう。 既にできてしまったシミは、ハイドロキノンやトラネキサム酸などが配合された美白化粧品の使用が有効といわれていますが、某大手化粧品メーカーの白斑事件のような、色素がまだらに抜けてしまうなどのリスクも高く、ご自身の判断での使用は、あまりおすすめはできません。 どうしても気になるシミなどは、美容皮膚科で正しく処方してもらい、消していきましょう。
7の結果の4-7 を表示