Holy Grail Cosme

【紫外線】シミの原因と改善方法【ターンオーバー】

シミの主な原因

年齢を重ねるにつれてできやすくなるシミですが、こちらは皮膚が紫外線を受けることが主な原因となります。

紫外線を浴びてしまうと肌の防御作用でメラニンが多く作られてしまい、こちらが蓄積して黒や茶色に見えてしまいます。また、ニキビ跡を放置してしまったり、ホルモンバランスの乱れによってもシミが出来てしまう場合があります。

若いうちは、肌のターンオーバーが活発なためメラニンの排出する力が強く、シミになってしまうことも少ないですが、年齢を重ねてしまうと肌のターンオーバーが少なくなってしまうため、若い頃よりもシミが出来やすくなってしまうのです。比較的若い年齢の方でもターンオーバーが乱れてしまうような不規則な生活を送ってしまったり、過度のストレスを受けることでも出来やすくなってしまいます。

シミの予防・改善方法

これ以上シミをできないようにするには、まず紫外線を防ぐために紫外線対策をしっかりと行うことを心がけていきます。すでにシミが出来てしまっている場合は、なかなか消すことはできませんが、ターンオーバーを活発にさせることで改善させることが可能です。

予防のエイジングケアでは、紫外線予防として、日焼け止めは必需品であり、日焼け止めを塗る前のひと手間が大事になってきます。

日焼け止めには紫外線吸収剤などが含まれており、肌にはあまり良くないと言われております。乾燥したお肌にそのまま付けてしまうと、かぶれやニキビの原因にもなりかねませんので、しっかりと保湿をしてください。そして、帰宅されましたら、必ず日焼け止めをしっかりと落とす事が重要です。日焼け止めを落とし、再度しっかり保湿してください。絶対に蓄積したまま放置しないようにしましょう。

肌や髪には血液の循環と深い関りがあるのですが、表面だけを気にするのではなく、肝臓や腎臓、そしてリンパケアも同時に行ってください。耳の裏あたりから顎にかけて、マッサージする癖をつけておきましょう。

既にできてしまったシミは、ハイドロキノンやトラネキサム酸などが配合された美白化粧品の使用が有効といわれていますが、某大手化粧品メーカーの白斑事件のような、色素がまだらに抜けてしまうなどのリスクも高く、ご自身の判断での使用は、あまりおすすめはできません。

どうしても気になるシミなどは、美容皮膚科で正しく処方してもらい、消していきましょう。

Share: