Holy Grail Cosme

セラミドの種類とその効果

 

セラミドは今や知らない人がいないくらいの人気の成分で、エイジングケア化粧品などによく含まれていますよね。
元々体内にある肌のバリア機能の一機能を担っている成分なので、不足すると乾燥の原因になります。
肌には外的刺激や紫外線をブロックして身体を守り、内側から肌の水分を保湿して潤いを保つ働きのあるバリア機能が搭載されています。
バリア機能の中で潤い保持の役割を担っているのは天然保湿因子と細胞間脂質ですが、セラミドは細胞間脂質の約50%を占める主成分です。
細胞間の中で水分や油分を抱え込みながら、肌や髪のうるおいに欠かせない大切な働きを担っている細胞膜にある脂質の一種なのです。
美肌を保つためには肌に沢山含まれていることが重要ですが、加齢と共に減少の一途を辿り、気候や環境の変化でもその量は減っていきます。

セラミドに期待できる主な効果は、バリア機能によって肌を守ることですね。
水や異物が肌に入り込むのを防ぎ、皮膚の水分の蒸発を防いだり、ダニやホコリ、チリなどの外部刺激から肌を守る働きがあります。
角質層の水分の内80%以上は細胞間脂質で保たれているので保湿効果も高く、肌の水分を保つ上で重要な役割を担っています。
アトピー性皮膚炎に対する効果もあり、メラニンの合成を抑えてシミやそばかすを防ぐ美白効果や肌を保湿するので美肌効果を得ることも可能ですよ。

細胞間脂質の主成分であるセラミドには様々な種類があり、いずれも基本的には角質層の水分保持に関係しているのですが微妙に特性が異なります。
肌には11種類あると言われていて、セラミド1には水分保持機能と外部刺激に対する優れたバリア機能が、セラミド2は高い水分保持機能が、セラミド3は水分保持機能とシワを軽減する機能を有しています。
セラミド4は角質の脂質バリア層を作って保持する機能があり、セラミド5は角質の脂質バリア層を作って保持し、セラミド6は水分保持機能とターンオーバーの促進やシワを軽減する機能など豊富です。
7は細胞の増殖分化をコントロールして皮膚にある菌のバランスを整える作用があります。
最も人の肌に多く含まれているのは2で、肌に及ぼす影響力が高いことから多くの化粧品に配合されています。
1と3と6の不足は肌の乾燥や敏感肌、アトピー性皮膚炎への影響が強いと言われているので、外部から補給する場合は1と2と3と6のいずれかもしくは全部がオススメです。

セラミドの中で保湿力が最も高いのはヒト型セラミドで、近年様々な美容液や乳液、クリーム、オールインワン化粧品などによく配合されています。
人のセラミドに近い構造になるよう酵母を利用して生成された化粧品成分で、角質細胞に存在する物とほぼ同等の構造を持っているのです。
肌への親和性が高く、他の種類と比較すると保湿力や浸透力に優れていて刺激が少ないのが特徴です。
ヒト型セラミド配合の化粧品を使用すると、加齢によって肌の乾燥が進んだ状態やアトピー性皮膚炎や敏感肌の改善に大きな効果を発揮してくれます。

ヒト型セラミド以外には、天然セラミド・植物性セラミド・合成セラミドがあります。

 

 

Share: